読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2014/11/04 D14 採卵①

2014/11/04 D14 採卵日

 

本日の予約8:10

家を出る前に、会社に病欠連絡。

8:00 クリニックにイン。地下におりて、15分ぐらいで呼ばれました。

地下の処置室には壁とカーテンで仕切られた個室が11つ。

1番ベッドへ通されました。

 

本日の採卵は8:10から2名、8:40から2名の計4名のようです。

 

手術着に着替え、看護師さんが点滴の針を刺しにやってきました。

初め手首より上の位置に針を刺すも、なかなか血管に入らない様子。

4-5回チャレンジし、位置を肘よりやや下に変更し、なんとか点滴ライン確保。

 

8:40 手術(処置)室へ。

 

R&BがPCから流れていました。

 

看護師さん2名に、培養士さんが1名。

手術台に登ると、院長が現れました。その後T先生。

5名体制で採卵を行うようです。

 

まず内診をし、排卵していないことを確かめ、処置開始。

 

ここで、麻酔を開始しましたが、腕がどんどん痛くなってきて

「痛いですか?」

「ちょっと・・痛いです。。」と言うことで、

点滴の位置変更。

いつも採血している肘の内側になりました。

 

院長より「深呼吸してくださいね~顔がピリピリします」と言われ

気づいたら「大丈夫ですか~?」と終わっていました。

顔がピリピリするのも分からないくらいでした。

時計を見ると、9:10

 

その後、ベッドに戻りました。