読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2014/11/06 D16 中間報告

2014/11/06 D16 中間報告
 
採卵より2日後の本日中間報告メールがファティリティクリニック東京より届きました。
11時過ぎぐらいかなと思っていたら、11:00ピッタリにメールが届きました。
 
採卵時(D0)に成熟卵と判定された卵子の個数は11個です。
採卵の翌日、受精確認時(D1)に受精したと判定された受精卵は9個です。
受精確認の翌日(D2)、分割が確認された受精卵(胚)は9個です。
: 3細胞、4細胞×7、6細胞
 
この件に関する詳しいご説明は、胚移植時または診察時にお聞きください。
今後の発育結果については次回診察時にお聞きください。
ご質問等はメールではお請けできません。お電話での対応はご容赦ください。
 
との事でした。
 
私自身、まだ受精卵がどうなれば良い・良くないという事があまりまだ解っていないのでこれから少しずつ調べてみたいと思います。
 
とにかく、12個のうち成熟卵が11個であった。
9個受精して分割が進んでいるというのは前向きにとらえて良いのかなと今は思っています。
 
次回診察は11月10日午後から可能との事でしたが、月曜は業務がたまっており、今更ジタバタしてもしょうがないので、11月11日に予約を取りました。