読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2014/12/19 BT14 判定日

本日の予約 12:00
 
09:24 クリニックにイン。9:30採血終了し、出勤
12:30 予約10分前メール。急いでクリニックへ。
 
本日はS先生。
 
【血液検査結果】
HCG 2.26
 
妊娠判定は陰性でした。陽性であれば1000以上出るとの事。
今の薬(エストラーナ・プロゲスタン・プレマリンはHCGを出す薬ではないので、0.5以上出ていれば着床はした(しかけた)可能性があるという事。全くダメだったという結果ではないとの事でした。
 
次の治療に向けては、薬を止めると、2-3日で生理開始するが、次回もホルモン補充移植が望ましく、生理1-3日目の診察が年末年始休暇に重なるため、1周期は移植を見送る必要があるとの事。
次周期はAIH、もしくはタイミングで様子を見る。
 
S先生は、まだ状態のよい凍結胚がいくつか残っている、今回も着床はしかけた。まだまだあきらめる必要はない事を、とても気を使ってお話してくださいました。
 
次周期は、夫婦でタイミングを取り、その次の周期に向けて体調を整えたいと思っています。

会計: 3,240円 (IVF計: 703,136円)