読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/2/9 D10(移植2周期目)

本日の予約 12:00
 
12:30 予約30分前メール。
 
本日はS先生
 
13:00 クリニックにイン
13:13 内診
13:41 診察
14:10 会計終了
 
本日の結果
【所見】
内膜は7.0~7.5ミリ。
今回もやや薄い。
本日より、プロギノーバを朝2錠追加。
バイアグラを今夜より1日置きに寝る前に膣錠として使用。
 
【処方薬】
エストラーナテープ 12枚 (1日4枚×2日置き)
プロギノーバ錠1シート(28錠) (朝・晩2錠ずつ)
バイアグラ 4錠 (寝る前1日置きに1錠膣錠として)
 
次回診察は2/16
 
前回D8で、内膜が最大8mmで、院長は「薄い」との事だったので、今回もかなり薄めです。(S先生は「やや薄い」という表現をして下さっていますが。。。)今週期はビタミンEを自分でも服用していますが、なかなか良い結果が出ていません。
バイアグラは子宮内の血流UPが目的だそうです。
 
今回は珍しく内診から診察まで時間がかかりました。
 
会計:21,168円 (移植2周期目計:32,832円 IVF計:738,378円)