読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/2/24 D24(BT0) 移植日

私ごとですが、週末誕生日を迎え39になりました。
37からクリニックに通い始め、38でAIH、IVFをスタートし気づけば長い時間が過ぎている気がします。
 
明らかに始めた頃より体が色々変わってきている事も実感しています。
もう今更ですが、やっぱりAIHをすっとばしてIVFをしておくべきだったと少し後悔もあります。
 
本日の移植は1番目でした、他に5名の方がいらっしゃいました。
 
14:50 クリニックイン
15:03 本日はS先生。胚の説明
15:10 B1ベッド①へ
15:34 処置室入室
15:40 処置開始(右側の部屋)
15:50 処置終了 
16:20 安静時間終了
16:42 看護師さんより説明
16:54 会計終了 
 
【所見】
本日移植の胚は4AA。3AAを融解したら4AAにグレードアップしたとの事。
内膜は7.7mm。(変化無し)
 
【処方薬】
エストラーナテープ 28枚(1日4枚×2日置き)
プロギノーバ 3シート(錠) (1日3回2錠ずつ)
ルティナス膣錠 錠 (1日3回1錠ずつ)
 
前回もカテーテルがなかなか入らず、1度チェンジしましが、今回2度もチェンジがあり、やや痛みがありました。私自信もモニターを見ているので入らないのではないかとヒヤヒヤしつつ、普段感じる事のない痛みの為、ダメなら延期してほしいと思ったり。
不妊治療での一番の辛いところは私の場合、AIH・移植の際のカテーテル挿入です。
が、時間にして10分程度で終わりました。
 
週末誕生日だった事もあり、名前確認の際に、培養士さん、看護師さん、S先生皆さんから、「お誕生日おめでとうございます」と声をかけていただきました。
 
が、不妊治療において、年齢が上がるのはかなり気が重いので、なんと答えてよいやら・・という微妙な気持ちもありました。が、気を使って下さるスタッフの方に感謝です。
 
次回は3/9 採血待ち予約にて妊娠判定検査
 
会計:227,016円 (移植2周期目計:293,652円 IVF計:1,098,666円)