読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/2/23・24・25 BT0・BT1・BT2 (移植2周期目)

ファティリティクリニック東京移植(2回目)後の症状
 
BT0
夜は自宅で過ごす。
先生より、カテーテルを挿入する際に多少傷がついているので少量の出血はあると説明を受けていましたが、その通り多少の出血は有。
やや下腹部痛もたま~に有。
他は目立った症状は無し。
 
BT1
やや胸が張っているというより、いつもより中身が詰まっている感がある。
但し、体の変化にかなり敏感に注目しているので、いつもなら気にならない程度。
微量の出血は午前中のみ。
他は目立った症状は無し。
 
BT2
体温:36.43
本日もやや胸が張ったというより、いつもより中身がしっかりしている感は有り。
ただこれは前回陰性の時も同じような感じだったと思います。
昨日あたりから、ルティナス膣錠が流れ出てくる感じが強い。
移植まではほとんど出てこなかったのですが、ふとした瞬間流れ出る感覚があります。
毎日使用して吸収率が落ちているような気分になります。
他は目立った症状は無し。
夜は外食:ビール2杯飲酒