読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/3/11 鍼灸院①

前回通った鍼灸院は針がとても細く、打たれたことすらあまり実感がなく、私自身なんとなく消化不良で3か月で辞めてしまいましたので、今回は中国針の鍼灸を選んでみました。
 
家・会社から近く通いやすいと思ったところに決めました。
不妊針の1回目はかならず院長の診察が必須との事、院長が在籍している水曜に伺いました。
 
院長は年配の中国出身の方で、とてもやさしい感じで、髪の毛がふさふさでお肌も健康的につやつやで、お元気!というイメージの方。
問診は、今までの治療歴や、基礎体温、舌をみたり脈をみたり1時間近く色々お話しました。
 
やはり内膜が薄い事が妊娠に繋がらない原因だと指摘をされました。そのためには、冷えを取り、血流をよくする食事・運動・睡眠が大事との事。針での治療に加え、体をあたため、たんぱくをしっかり取る食事をするよう何度も言われました。
 
舌を見てもらったところ、「冷えているのとストレスが多すぎる」と言われました。
私自身、ストレスはためないように生活しているのですが、ストレスがないのではなく、見ぬふりをしているとズバリ指摘され、それはストレスがないとは言えないときっぱり言われてしまいました。
 
これは非常に心当たりがあります。
 
その後治療をしていただきました。
 
今回は中国針なので、針が刺さる時にチクっとはしますが、大したことはありません。
その後電気を通してもらい、お灸をして、診察終了です。
 
週1で通ってみる予定です。