読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/3/30 D19(移植3周期目)

本日の予約 12:00
 
11:45 予約30分前メール
 
本日はS先生
 
12:10 クリニックにイン
12:27 内診
12:52 診察
13:19 薬をもらう
14:26 会計終了
 
本日の結果
【所見】
内膜は7mm。前回とほぼ変わらない。
今日からプロギノーバ昼2錠追加して、次回4/3に再診。
移植予定は4/8に延期予定
 
【処方薬】
エストラーナテープ 4枚 (1日4枚×2日置き)
プロギノーバ 1シート(朝・夜2錠ずつ)
バイアグラ 2錠(1日置きに膣錠として)
 
10日経過しましたが、期待に反し内膜は全く厚くなっていませんでした。
本日はS先生だったので、とってもやさしく「まだ大丈夫」とおっしゃってくれていましたが、
院長なら厳しい顔で「薄い」と言われるなと思っています。
 
今回は移植見送りをしたほうがよいのか、ホルモン補充でなく自然周期で戻してみるのもアリなのではと感じています。
 
次回診察は4/3
 
会計: 14,472円 (移植3周期目計:54,000円 IVF計: 1,155,906円)