読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/4/3 D23(移植3周期目)

本日の予約 15:30
 
15:18 予約30分前メール
 
本日はS先生
 
15:40 クリニックにイン
15:57 内診
16:12 診察
16:39 薬をもらう
16:52 会計終了
 
本日の結果
【所見】
内膜は7.5mm。若干ふくらみが出た。移植を4/8に行う。
本日夜よりルティナス開始。
 
【処方薬】
エストラーナテープ 12枚 (1日4枚×2日置き)
プロギノーバ 1シート(朝・夜2錠ずつ)
ルティナス膣錠 
 
全く期待していませんでしたが、4日経って0.5mm内膜が厚くなっていました。
移植見送りを考えたと、S先生に話をしたところ、前回7.7mm時も、FHSの反応が出ているので可能性は十分あるとの事で、移植に踏み切ることにしました。
院長では中止も考えるのかもとも思いますが。。
 
今までファティリティクリニックでは移植時に、腹部エコーを行いながらの移植でしたが、次回より内診しながら子宮内を見るとのことで、移植前の尿だめは不要になったそうです。
 
 
会計: 16,848円 (移植3周期目計:70,848円 IVF計: 1,172,754円)