読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/5/29 D3 (移植5周期目)

本日の予約 15:00
 
14:36 予約30分前メール
15:00 クリニックにイン
15:19 内診
15:28 診察
15:46 薬をもらう
16:10 会計終了
 
本日はY先生
 
【所見】
移植5回目チャレンジをどのように行うか?
Y先生は私の場合滅多に診察に当たる事はありません。
カルテを見ながらこれまでの3回とキャンセルの1回について色々話をしました。
 
Y先生としては
「ホルモン補充期のほうが予約を立てやすい」
「内膜は7mm以上あれば妊娠は可能」
との見解のようでした。
 
私からは、
*3回とも8mm弱の内膜で院長にもこれ以上は厳しいと言われている事
*自然周期で内膜が厚くならないか試してみたい事
を話しました。
 
4回目の移植がキャンセルになった事についてY先生は
「ホルモン補充の後で、少し排卵抑制がかかっているのかもしれない」
「プロギノーバは中容量ピルなので、今回も若干薬の影響で排卵が起こり辛い可能性もある」
排卵が起こらないとまたキャンセルもありえる」
「それなら少し薬を使って排卵を促してみませんか?」
との事でした。
 
前回はプロギノーバを処方されても、周期が32かかってしまったので、時間がかかっても生理を待ってもよかったのかなと思いました。(薬がなければもっと長い周期だったかもしれませんが・・・)
 
病院の方針はほぼ一定ですが、個々のケースに関しては先生によって考え方やアプローチが少しずつ違うなという感じでした。
 
今回はどちらかというと、Y先生の意見に押されて「若干薬で排卵を促す」形でいくことにしてみました。
 
次回は6/6(土)D9 採血待ち予約です。
 
【処方薬】
セキソビット 30錠 (D5より1回2錠×1日3回×5日間)
フォリルモン 75×3回分
 
セキソビットとゴナール位かな?(AIHと同じぐらい)と思っていたらフォリルモンを3回という事だったので、それならホルモン補充と値段が変わらないのでは?と冷や冷やしましたが、会計は思ったほど高くはありませんでした。
 
会計:15,708円 (IVF計: 1,435,966円)