読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/6/8 D13 (移植5周期目)

本日の予約 10:00
 
09:05 クリニックにイン
09:21 採血後出勤
 
12:15 予約10分前メール
12:35 内診
12:41 診察
12:52 注射
13:02 会計終了
 
 
本日はT先生
 
【所見】
R : 12、10、10
L : 9、6
内膜 : 5.6mm
 
E2が124⇒97.33に落ちているもしかして、1つ排卵したかもしれない。
排卵したかもというホルモン値にはなっているが、まだ黄体ホルモン(LH)は出てきていない。
小さい卵胞がフライングで出てしまったと考えられる。
今日これから、HMGを打って、排卵となれば、明後日D15に黄体ホルモンが出てくるはず。
それであれば排卵日の特定が可能。
 
【ホルモン値】
EM 6.0
E2 97.33
P4 0.41
LH 7.24
です。
 
【院内注射】
HMGフェリング
 
前回通院日のD11(6/6)の夕方に伸びるオリモノが出て、もしや排卵では・・と思っていましたが、まさにその通りのようです。
 
先生に、今までの結果が内膜が薄かったからと考えている、今で5.6mmは今までで最薄。見込みはあるのか?と聞いたところ、
 
残りの卵胞が育てば内膜も厚くなってくる事も考えられる。今日のHCG注射で変わるかもしれないとの事。
が、私的には今日の5.6mmが2日で8mmを超えるとは到底考えられません。
 
話をしながら、やはり完全自然で体が正常に動くのを待つべきだったのか、、今からキャンセルすべきかぐるぐる考えていました。
2回連続自然周期でキャンセルとなれば、今度はもう一度ホルモン補充を病院は勧めてくると思います。が、また同じことの繰り返しにならないだろうか、、色々考えが頭をめぐります。。
 
会計:12,960円 (移植5周期目計: 38,944円 IVF計: 1,459,202円)