読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/6/10 D15 (移植5周期目)

本日の予約 16:30
 
15:20 クリニックにイン
15:27 採血
16:44 診察室に呼ばれる
16:46 内診
16:55 診察
17:21 注射
17:37 会計終了
 
本日はO先生
 
【所見】
R : 15、11
L : 9、6
内膜 : 7.7mm
 
E2が上がってきているので、排卵まであと少し。
左の卵胞は成長していないので、今週期は右から排卵するであろう。
2日後に再診。
 
【ホルモン値】
EM 7.7
E2 186.5
P4 0.371
LH 4.84
です。
 
【院内注射】
HMGフェリング
 
本日は初めての先生でした。
ファティリティクリニック東京では男性の若手の先生は初めてです。
初めてのせいか、いつもはすぐ内診ですが、最初診察室に呼ばれ、「内診しますね」と顔合わせのような感じでした。(個人的には突然診察室に呼ばれ、何事?と思ってしまいました。)
 
O先生は気さくな方で、質問に対してもとても丁寧に沢山答えてくれました。
 
今日の時点で内膜が育っていなければ、移植をキャンセルしようと考えていましたが、まさかの7.7mm。HMGが効いているのか、卵胞が育ってきたせいか。。
 
卵の育ちが遅い時は、卵の質がイマイチで良い結果が出ないという事をネットでも見かけたので、その事について質問してみましたが、
 
移植周期なので卵の質は関係ない
内膜とホルモンが上がればOK
 
との事だそうです。
 
 
会計:12,960円 (移植5周期目計: 51,904円 IVF計: 1,472,162円)