読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

子宮筋腫と妊娠

ファティリティクリニック東京の最初の検査で子宮筋腫がある事が判明しました。
MRIも撮って、3-4cm大のものが4個ぐらいあります。
 
先生方の意見は「手術をして取ってもよいが、そんなに問題があるわけでもないので、先に妊娠を目指しましょう」との事でしたが、それから2年も経ってしまいました。
 
IVFに移り、毎回内膜がなかなか育ちませんが、1つ筋腫が若干内膜部分に沿ってあります。
 
少し内膜を圧迫しているようなしていないような微妙な位置です。
私自身エコー画像をみて、「うーん微妙・・」という感じです。
 
前回のO先生より「もしかしたら内膜が8ミリを超えないのは筋腫が邪魔をしているのかもしれない」とのお話がありました。
 
そこで、「思い切って筋腫の手術をしたほうがいいか?」と質問したところ
 
*筋腫の手術は内視鏡で簡単なもの
*但し、3ヶ月は避妊が必要(その間採卵はOK)
*出産は帝王切開
 
今から3ヶ月(手術も含めたら約半年でしょうか・・)のロスと、帝王切開は厳しいなと思ってしまいました。2年前であれば最初に手術をしてもよかったのかもしれません。
位置的には隣り合わせという状態なので、必ず筋腫が邪魔といううわけではありませんが。。
 
AMHが悪くなく36歳程度であれば、先に子宮環境を整えて治療に臨むというのもアリだと思いました。が、当時は当時でいろいろ焦っているので決断は難しかったとは思います。