読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/6/30 D2 (移植6周期目)

本日の予約 17:00
 
16:42 予約30分前メール
 
17:11 内診
17:20 診察
17:37 薬をもらう
17:51 会計終了
 
本日は院長
 
自然周期での移植を2回試みましたが、キャンセルに終わり、自然周期と言っても完全に薬を使わない周期ではなかったので、その点に関しては心残りがありますが、再度ホルモン補充周期での移植にチャレンジする事にしました。
 
エストラーナ4枚、1日6錠、バイアグラ1日置きに加え、今回よりペントキシフィリンを1日3回内服
ペントキシフィリンは、日本で認可が下りている薬ではないようですが、動脈硬化の治療に使われ、血流改善による内膜への効果が出来る薬だそうです。
 
【処方薬】
エストラーナテープ 16枚 (1日4枚×2日置)
プロギノーバ 2シート(56錠) (朝・夜 2錠ずつ)
ペントキシフィリン 24錠 (朝・昼・夜 1錠)
バイアグラ 3錠 (1日置きに膣錠として)
 
会計:30,348円 (IVF計: 1,504,840円)