読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/7/20 移植日(移植6周期目)

本日の予約 10:50
 
11:02 A1にて本日の説明
11:06 採血
11:12 リカバリールーム入室
11:20 処置室入室
11:25 処置開始
11:30 終了
12:05 安静時間終了
12:47 A1にて本日の説明
12:56 薬をもらう
13:07 会計終了
 
本日は院長
 
【所見】
内膜は8mm。(また失速したようです)
移植の卵は、4AAと、4AB
判定日は2週間後8/3に血液検査
判定日までは普段通りの生活をしてくださいとの事
 
【ホルモン値】
E2: 615.000
P4: 12.670
今回より、移植日にホルモン値の血液検査が加わりました。数値は問題無いので、このまま薬を継続。
 
尿貯めについては予約1時間前にトイレを済ませて下さいとの事でしたが、私の場合毎度カテーテルが入り辛く、前回の「尿貯め無し」の時も腹部エコーを併用したので、1時間半前にトイレを済ませその後500mlの水分を取りました。
⇒結果腹部エコーも良く見えて良かったと思います。
 
移植も4回目となると、痛みによる冷や汗もずいぶん減り、かなり慣れてきました。
今回はとてもスムーズにいき、処置開始から5分で終了しました。
2個移植の場合、2回注入するのかと思っていましたが、卵の注入は2個まとめてでした。
 
本人確認でお名前を・・と言われた時とっさに旧姓が出てしまい、培養士さん、看護師さん、院長皆、「えええっ!!」という反応をされていました。。
おかげで場が和みましたが、しっかり名前を確認されているなと感じました。
 
判定日は8/3で、8/1の土曜にしたいと言おうか悩みましたが、今度こそよい結果が出る事を祈ってクリニックの規定通りの日数で判定日を待ちたいと思います。
 
【処方薬】
エストラーナテープ 28枚
プロギノーバ 2シート(56錠)
プロゲスタン膣錠 42錠
 
会計:221,400円 (IVF6周期目計:327,240円 IVF計:1,801,732円)