読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/8/3 BT14 判定日 (移植6周期目)

2015/8/3 BT14 判定日 (移植6周期目)
 
体温:36.84 (クーラー無し)
暑くて何度か目が覚めたのでアテにならない数値だと思います。
朝ようやく胸が張ってる感じが若干あるが、1回目の移植日も判定日の朝胸が張っていたのでアテにならず。
 
 
本日の予約12:00
 
09:06 チェックイン
09:10 採血・その後出社
 
12:24 予約10分前メール
 
本日は院長
 
12:00 診察
12:00 会計終了
 
【血液検査】
HCG: 検知せず
 
今回も陰性でした。
ホルモン補充なので、体温はアテにならないのは理解していましたが、少しはHCGが出ているかなと思っていたので、厳しい結果です。
これまで4AAを4個、4ABを1個、計5個胚盤胞を戻しても結果が出ません。
1度ぐらいアタリが出るかと思ったのですが、、
 
残りの凍結胚は3個になりましたが、4BAと、多核をみとめるもの、微妙なもの?の3個で良い状態とは言えず、院長からも治療を続けるのであれば、少しでも若いうちにもう一度採卵を・・との事でした。
 
採卵・移植をするにしても今回の移植は薬を多量に使っているので1周期空けるのが望ましい、採卵希望の場合は生理20目頃、移植希望の場合は生理3日目までに診察して下さいとの事。
 
気持ちは、もう一度採卵のがいいのかなと考えています。
 
9月になると部署移動があるので、今までのように通院が簡単に出来なくなる可能性もあります。
なんとかもう少し頑張ってみたいと考えています。
 
会計:3,240円 (IVF6周期目計:330,480円 IVF計:1,804,972円)