読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

着床不全検査について①

着床不全検査について色々調べています。
 
基本的に良好な胚を3回戻しても結果が得られない場合に、着床不全検査を行うというのがスタンダードな考えのようです。
 
が、そもそも着床不全検査自体が医学的に確実なものか?というとそうではない側面も多いようで(着床に関する事自体が不明点が多いため)
 
妊娠成立した人とそうでない人の血液検査の結果で、妊娠成立出来ない人に優位性のある項目に該当すれば、着床不全の気有りという診断になるようです。
 
色々な方のブログを見ましたが、着床不全検査で全く問題が無くとも、移植が成功しないと言う方も多くいらっしゃいます。
 
また、検査項目でひっかかる要素があっても必ず治療できるものではないようです。
 
なので、着床不全検査を「やってもいいが、あまり意味がない」と捉える医師も多い感じがしています。
 
私がわかりやすいと感じたサイトは以下です。