読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2015/10/9 D8 子宮鏡と子宮拡開

予約9:00
 
8:50 チェックイン
9:05 リカバリールームへ
9:20 点滴針を通す
9:40 処置室へ
9:45 処置開始
10:10 処置終了
12:40 安静終了
13:12 診察
13:25 薬をもらう
13:32 会計
 
本日は予定通りY先生でした。
朝から採卵の方が3名いて、その後の処置でした。
採卵の方が少々時間がかかっているようで予定よりも押していました。
待機していると、採卵終了の方の麻酔の目覚めが悪いのか「目をあけてください~~!終わりましたよ~~!」という看護師さんの声が何度も聞こえてきました。
とは言え私も何度目の声かけで目覚めているのか不明ですが・・・
 
処置はいつものように、深呼吸数回で意識が無くなり、目を開けたら終了していました。
その後も特に問題は無く、リカバリールームで横になって過ごしました。
 
途中採卵の方がナースコールを押して、「痛い・・痛い・・」と呻いている声が聞こえてきました。
採卵は本当に個人差があるなと感じます。
 
Y先生より、「子宮鏡は何も問題なかった」との事。
については、「広さが問題ではなさそう、5まで(器具の大きさだと思いますが詳しく聞き忘れました)拡開できた。どちらかというと、広さより角度の問題かもしれない。ただ今回は行っているので次はスムーズだと思います」
との事
 
【処方薬】
タリビット 6錠
 
 
お会計が安くてびっくりしました。
 
会計:2,220円(IVF計:2,356,204円)