読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2016/2/26 BT21 再々判定(移植8周期目)

本日の予約15:30
 
12:25 クリニックにイン
12:32 採血 一旦仕事へ戻る
15:03 予約30分前メール
15:53 内診
16:11 診察
16:48 会計終了
 
本日はY先生
 
HCG:3586
 
本日で、5W5Dになりましたが、胎嚢はまだ見えず。
 
「多分かなりの確実でコレだと思うが、ハッキリしない。子宮外ではなさそう。このまま出血・腹痛がなければ、少し間をあけて、3/2の6W3Dで診察をしましょう。成長がやや遅れ気味と捉えても、この日で心拍が見えないと厳しい感じはある。FTCではHCGは10,000までしか測れないので、次は診察のみで。」との事でした。
 
またしてもグレー判定でした。
 
そもそも、BT12の4W3DのHCG:197がやや低めスタートですが、色々調べていると「スタートダッシュが弱い=胚の力が弱い」という傾向があるように思います。
もちろんそれでも上手く行っていらっしゃる方もいますが、その場合途中でぐんと成長速度の伸びがあり、平均に追い付いている方のようです。
 
また、いわゆる妊娠初期症状が全くない事についても質問したところ、「まだ気にしなくていい。無い人もいる」との事でした。
 
 
会計:9,180円 (IVF計: 3,048,112円)