読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

産院選び

まだまだ出産への道のりは果てしなく遠く感じている今日このごろですが、産科医不足に伴い、産院は5週・6週で予約が埋まるという話も聞き、病院選びも始めています。(これが無駄足にならないと良いのですが。。)
 
まず、分娩の産院。
地元への里帰りを考えており、なおかつ無痛分娩を希望している為、産院選びはほぼ選択肢がありません。
 
・高齢
・筋腫あり
不妊治療
 
という事を踏まえ、総合病院を希望していましたが、、
 
第一希望 医大病院(車で10分) → 無痛分娩有り。しかし、現在里帰りの受け入れはしていない
第二希望 日赤(車で5分)(LDR有) → 無痛分娩取り扱い無し
 
よって、同じ市内で無痛分娩をやっている個人病院
 
A → 家から車で30分以上かかる 計画分娩有り
B → 家から徒歩10分 ただし計画分娩は行っていない
 
Bに電話をしてみたところ、
・今の経過が不安であれば心拍確認後、家族の来院で予約を抑えてほしい
・計画分娩でないので、麻酔が間に合わないケースも了承してほしい
・7週目、8週目あたりでも予約は大丈夫
 
との回答をいただけたので、Bの産院にお願いしようと考えております。
 
(ただ無痛分娩希望は両親には話していない為、反対される可能性はかなり大です。両親はきっと日赤をすすめるでしょう・・この問題はまた別途・・・)
 
地元の分娩予約はまだ先でも間に合いそうですが、妊娠検診のみでも都内は激戦区のようなので、検診の産院もそろそろ予約を入れようと、妊娠が確定したらお世話になりたいと考えていた近所の個人病院(分娩は無し)に電話をしたところ、なんと、「人工授精・体外受精の方はお断り」との回答が。。。
 
検診では断られると思っていなかったので、これは少し衝撃的でした。
 
という事で、新たに検診病院探し中です。