読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2016/5/21 D20 ノイトロジン注入(移植⑨周期目)

本日の予約 10:00
 
10:35 B5 にて処置 一旦外出
11:49 薬をもらう
12:02 会計
 
本日は院長
 
GCSF ノイトロジン注入です。
いつもは平日で、ほぼ予定通りに呼ばれて処置ですが、土曜の為か呼ばれたのは半過ぎ。
部屋も、いつものAIHを行う部屋ではなく内診室でした。
 
いつもは、内膜は測りませんが、内膜も測定していただき、なんと8.7mm!!!
院長の測定なのでオマケはほぼ無しだと思われます。
私も間近でモニターをみましたが、しっかり8.7mm。
 
加圧+運動が効いてきたのでしょうか・・・
D16ではD9より減っていたのですが。。。
とはいえ、まだ「薄い」のでなんとも言えないですが、、移植を始めて一番厚みが出ているのは素直に喜びたいと思います。
 
その後、11時から予定を入れてしまっていたので、一旦外出させてもらい、抗生物質をもらい会計終了となりました。
 
いよいよ移植は2日後です。
 
【処方薬】
セブソン 6錠
プロギノーバ 1シート(計算が狂ったのか、本日までしかないため追加お願いしました)
 
会計:39,960円(IVF計: 3,208,506円)