読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2016/6/10 BT18 5W2D 胎嚢確認(移植9周期目)

本日の予約 12:00
 
12:21 予約10分前メール
12:32 内診
12:51 診察
13:17 会計
 
本日はS先生
 
胎のう 6.8mm
 
胎嚢はしっかり、内膜の部分にあるので、妊娠成立です。
ただ、まだ少し小さめなので、来週もう一度見て、卒業はもう1週間後ぐらい。
とは言え、年齢を考えると流産の可能性もまだ高い時期なので、出血等あればすぐに電話してくださいね。
 
との事でした。
 
10ミリ近くは欲しいと思っていたので、、6.8ミリは想定以下でした。
先生は何も言いませんでしたが、黄卵嚢も見えず。なかなか厳しい数字だと思います。
 
先生も前回は「流産うんぬん・・」という事はおっしゃらなかったので、覚悟もするようにネガティブ情報をおっしゃっているのかなと思いました。
 
黄卵嚢については↓の論文にて、5W2Dに100%出現とありましたので、、
厳しい状況だと思います
 
が、週末色んな方のブログを読んでいて、5W2Dで7ミリ前後でも出産されてる方も多くいらっしゃいました。五分五分あたりなのかなーという感じです。
 
 
会計:5,940円 (IVF計: 3,470,298円)
(またしても、妊婦扱いの保険無し価格になりました)