読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

2016/6/27 7W5D (移植9周期目)

本日の予約 15:00
 
14:42 予約30分前メール
15:09 診察
15:11 内診
15:33 診察
15:50 会計
 
本日はS先生
 
胎芽: 9.3ミリ
胎のう: 計測せず
心拍: 有
 
最初診察室に呼ばれ、「変わったことはないか」聞かれその後内診でした。
やや出血の跡が見られるが、問題はない。胎芽・心拍ともに問題なし。
ただ、年齢を考慮するとまだ流産の可能性が高い為、もう1週診てから紹介状を書きましょうとの事。
薬は渡している分を飲みきって終了。
 
今回の移植の卵がいつの採卵のものだったのか気になっていた為確認したところ、1度目と2度目のものが1つずつ。
つまり、いつの採卵の卵が着床したかはわからない結果となりました。
 
それから、新型出生前診断(NIPT)を受けたいと思っていると伝えたところ、予約は自分で行うようにとの事でした。必要書類があればこちらで用意するとの事。
検診の病院も初診予約を今から取っておくよう指示されました。
 
会計:5,940円 (IVF計: 3,523,158円)
※本日は保険適用外