読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療記録@ファティリティクリニック東京

2014年10月38歳でIVF治療をファティリティクリニック東京にて開始しました。→現在39歳→40歳になりました。

ノイトロジン(GCSF)注入 (移植6周期目)

今回の移植では、ノイトロジン(GCSF)注入を試みる予定です。
 
先生からは、「移植2日前に膣内に直接注入し、着床を助ける」とだけしか聞いていないので調べてみました。
 
イーファーマでは 効果・効能として
 
がん化学療法終了後の造血幹細胞の末梢血中への動員、自家末梢血幹細胞移植の造血幹細胞の末梢血中への動員、末梢血幹細胞移植ドナーの造血幹細胞の末梢血中への動員、造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進、(急性骨髄性白血病急性リンパ性白血病)のがん化学療法による好中球減少症、(悪性リンパ腫、睾丸腫瘍、神経芽細胞腫、卵巣腫瘍、小細胞肺癌、小児がん、胚細胞腫瘍)のがん化学療法による好中球減少症、がん腫のがん化学療法による好中球減少症、骨髄異形成症候群の好中球減少症、再生不良性貧血の好中球減少症、先天性好中球減少症、特発性好中球減少症、(HIV感染症、ヒト免疫不全ウイルス感染症)の好中球減少症、免疫抑制療法<腎移植>の好中球減少症
 
白血球を増やす目的として、ガンに対して使う事が多いようです。
 
色々調べてみましたが、、あまりよくわかりませんでした。
不妊以外の治療では注射による投薬のようです。
 
ファティリティクリニック東京では34,560円(税込)となっています。